スペース


現在のお住いと新しいお住いの間取りが全く同じであれば問題ありませんが、そうでない場合には引越し後の家具の配置をあらかじめイメージしておくことが必要です。特に大きな家具は新しいお住いに設置可能かどうかを十分に検討しなくてはなりません。例えばベッドやソファーなどが置けない場合には、新しいものに買い替えが必要になる場合もあります。

家具家具などは長年使っているために愛着が出てくるようなものも多くなると思いますが、設置不可能なものを移送することは経済的な無駄になってしまうので避けることが肝要です。引越し業者に依頼をすれば、買い取りサービスを紹介してもらうことが可能ですので、対価を得て買い取りをしてもらうことがお勧めです。

また、重量的にも設置が難しい場合やたとえば3階の部屋に移動する場合には大型の家具を設置することが困難になってしまう場合もあります。そのようなときにも引っ越しの前に大型の家具を処分することが肝要です。しっかりとした計画性を持って引っ越しの準備をしないと当日になって家具が収納できないなどのトラブルの原因になります。不明の点は引越し業者に相談して、トラブルの無い形での引っ越しを行っていくことが必要です。

【関連サイト】ファミリー引越センター / 埼玉エリアに引越し